メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
拡大・縮小 行間の拡大 画像色の反転 戻る 停止 再生 次へ 音量 速さ 本文の声 画像読上げ 戻る ふりがな リセット
  • English
  • Chinese
  • Korea
  • русский

〒680-0017 鳥取県鳥取市尚徳町101
電話番号:0857-26-8155 ファックス番号:0857-22-2996

携帯サイト スマホサイト

【New!】としょかんビジネストーク

ホーム > 行事・相談会 > 過去の行事・相談会 > 行事 > 【終了しました】 外国語で楽しむえほんのじかん(ロシア語)「読みメン」バージョン(令和3年12月19日)

【終了しました】 外国語で楽しむえほんのじかん(ロシア語)「読みメン」バージョン(令和3年12月19日)

外国語で楽しむえほんのじかん(ロシア語)「読みメン」バージョンを開催します。※申込が必要です。申込みは12月1日(水)から受付します。 

無題.png

(※申込が必要です)

ロシア語と日本語で絵本の読み聞かせをします。

今回は、ロシア語をベラルーシ生まれ、ロシア育ちのチェブラコワ・イリーナさんに読んでいただきます。

日本語は、「読みメン」(当館の男性職員)が読みます♪

読み聞かせの後に、ロシアの文化紹介もあります。

外国の言葉や文化に触れる絶好の機会です!

子どもから大人の方までどなたでも参加できますので、ぜひお越しください。

※「読みメン」=子どもに絵本を読む男性 

 詳しくはこちらをご覧ください。                                        ・読みメンになろう!                                             読みメンのおはなし会


日時 

 2021年12月19日(日曜日) 午前11時から11時30分まで

(開場時間:午前10時45分

 ※新型コロナウィルス感染状況によっては、時間が短くなる場合もあります。

場所

 鳥取県立図書館 2階 大研修室

定員

 先着 20名(先着順)

申込方法

 来館、電話、ファクシミリでの事前申込みを受け付けます。

 (鳥取県立図書館 電話:0857-26-8155、 ファクシミリ:0857-22-2996)

 参加される方のお名前、年齢(子どものみ)、連絡先をお知らせください。

 人数が上限に達していない場合は、当日参加も可能です。ただし、途中参加はご遠慮いただいています。

 キャンセルされる場合はお知らせください。

(やさしい日本語版)『外国語で楽しむえほんのじかん(ロシア語)「読みメンバージョン」』12月19日 申込み用紙つきチラシ (PDF:442KB)

申込期間

 2021年12月1日(水曜日)午前9時から定員20名になるまで

 

読み手

チェブラコワ・イリーナさん(ベラルーシ生まれ ロシア育ち)

読む本

 『Путаница』/『めっちゃくちゃのおおさわぎ』

 内容紹介:コネコたちがいうことにゃ「ニャーニャーなくのはあきちゃった!コブタみたいになきたいよ!」

 そんなことからはじまってブタが「ニャーニャー」コネコは「ブー、ブー!」

 スズメが「モーモー!」大きなクマが「コケコッコー!」

 サカナがはらっぱさんぽして、ネズミがネコをつかまえる。

 なんだかみんなめっちゃくちゃ、めっちゃくちゃのおおさわぎ。

 ユーモアあふれる、ロシアの児童文学作家チュコフスキーの作品。

  過去の開催記録はこちら

感染症対策を行って「外国語で楽しむえほんのじかん」を開催します。

  • 事前申込みが必要です。(電話番号:0857-26-8155、ファクシミリ:0857-22-2996) 参加される方のお名前、年齢(子どものみ)、連絡先をお知らせください。
  • 会場に余裕がある場合は、事前申込み無しでも参加していただけます。 ただし、途中参加はご遠慮いただいています。
  • 熱のある方、体調のすぐれない方は、参加を控えていただくようお願いいたします。
  • 会場で検温を行います。
  • マスクの着用をお願いいたします。(2歳未満のお子さんは不要です。)
  • 会場に消毒用アルコールを設置します。手指消毒をしていただくようお願いいたします。
  • 会場の換気、距離を確保した座席の配置を行います。
  • 接触確認アプリ(COCOA)のダウンロードはこちら

元どおりとはいきませんが、新しい形での「外国語で楽しむえほんのじかん」を少しでも楽しんでいただければ幸いです。

★★★読書ボランティア・学校図書館・市町村立図書館の皆様へ★★★

各地域の子どもたちへ外国語で楽しむえほんのじかんを開催してみませんか?

絵本を使って子どもたちと楽しみながら国際理解を深めることができます。

詳しくは☛  ★翻訳絵本の読み聞かせをしてみませんか?

読みメンとは?

「読みメン」=子どもに絵本を読む男性

「読みメン」という言葉にはお父さんやおじいさんにも、 もっと子どもさんと絵本を楽しんでほしいという願いが込められています。

どうすればなれるの?

むずかしいルールはありません。 好きな絵本を子どもさんと一緒に読むだけ! 一番大切なことは自分自身が楽しむこと。

読みメンで家族もHAPPY!

お父さんが絵本を読むことは、お子さんとの楽しみになることはもちろん、 お母さんのゆとりの時間にもつながります。 家族みんなが絵本でHAPPYに!