メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
拡大・縮小 行間の拡大 画像色の反転 戻る 停止 再生 次へ 音量 速さ 本文の声 画像読上げ 戻る ふりがな リセット
  • English
  • Chinese
  • Korea
  • русский

〒680-0017 鳥取県鳥取市尚徳町101
電話番号:0857-26-8155 ファックス番号:0857-22-2996

携帯サイト スマホサイト

【新型コロナウイルス感染症】県立図書館は開館しています

ホーム > お知らせ > IFLA公共図書館分科会 オンラインセミナーにおける鳥取県立図書館の事例発表について

IFLA公共図書館分科会 オンラインセミナーにおける鳥取県立図書館の事例発表について

IFLA公共図書館分科会 オンラインセミナーにおける鳥取県立図書館の事例発表について(令和4年5月5日)

このたび、令和4年5月4日~6日の3日間で開催されるIFLA(国際図書館連盟:International Federation of Library Associations and Institutions)主催のオンラインセミナーで鳥取県立図書館が行っている医療健康情報サービスについて事例発表を行います。鳥取県立図書館の登壇するパートはアジア・太平洋部門です。発表はすべて英語で行います。

IFLA(International Federation of Library Associations and Institutions)は、図書館及び情報サービスに関する世界最大の国際組織で、図書館協会・図書館・関連機関など150か国・地域1500団体以上が加盟しています。IFLAでは、セクションごとにウェビナー会議を開催しています。また年次大会は令和4年7月26日~7月29日までアイルランド・ダブリンで開催が予定されています。

人の生活を支える図書館(Places that Care For People) 

アジア・太平洋部門(Asia Pacific Panel)

日 時:令和4年5月5日(祝・木)午後1時から2時30分まで(予定)(日本時間)

テーマ:健康と福祉に貢献する公共図書館(Public Libraries Delivering Health and Wellbeing Outcomes)

内容:4図書館(日本・ニュージーランド・オーストラリア・マレーシア)の事例発表とパネルディスカッション

実施方法:Zoom(ウェビナー)によるオンライン配信

発表内容:鳥取県立図書館の医療・健康、高齢者、障がい者サービスについて

参 加 者:事例発表とパネリスト 佐伯真由佳(鳥取県立図書館情報相談課児童担当係長)

       パネリスト   松尾 佳美(鳥取県立図書館情報相談課相談担当)

       通訳者     田村 俊作(慶應義塾大学名誉教授)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

<他国の発表について>

ニュージーランド:Rotorua Lakes地域図書館

HealthHubによる協力関係と地域保健の改善』

オーストラリア:ビクトリア州立図書館

『健康・福祉サービスを開始した図書館の取り組み』

マレーシア:セランゴール公立図書館

 『セランゴール公立図書館の取組み』

(IFLA公式サイト)※すべて英語です

https://www.ifla.org/events/places-that-care-for-people-public-libraries-delivering-health-and-wellbeing-outcomes/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<参考:昨年の内容>

リテラシー・読書分科会と公共図書館分科会の合同開催

開催テーマ:過去を振り返り未来を考える

      新型コロナウイルス感染症と図書館 

  日  時:令和3年4月12日から15日

  実施方法:Zoomのウェビナー機能を活用したネット配信

  参加状況:40か国以上、1000人以上の参加者

  発 表 者:シンガポール、イギリス、オーストラリア、オランダの図書館関係者

当館の医療健康情報についてはこちらから

https://www.library.pref.tottori.jp/health/post-3.html