メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
拡大・縮小 行間の拡大 画像色の反転 戻る 停止 再生 次へ 音量 速さ 本文の声 画像読上げ 戻る ふりがな リセット
  • English
  • Chinese
  • Korea
  • русский

〒680-0017 鳥取県鳥取市尚徳町101
電話番号:0857-26-8155 ファックス番号:0857-22-2996

携帯サイト スマホサイト

【New!】としょかんビジネストーク

ホーム > お知らせ > 【終了しました】「図書館総合展2022カンファレンス in 鳥取」/(併催)「都道府県立図書館サミット2022」を開催します

【終了しました】「図書館総合展2022カンファレンス in 鳥取」/(併催)「都道府県立図書館サミット2022」を開催します

鳥取県では11月26日(土)から28日(月)の3日間、県内外の図書館関係者が集い、これからの図書館について語り合うイベントを開催します。たくさんのご参加をお待ちしております。

図書館総合展2022 カンファレンスin鳥取 (会場:県民ふれあい会館)

★11月26日(土) 9:0017:20 ※詳細はこちら

9:00-

受付開始

9:30-9:45

開会行事
 ・図書館総合展運営委員長主催者挨拶
 ・鳥取県教育委員会教育長挨拶

9:45-11:15

基調講演 「デジタル社会の行き着く先にライブラリアンが果たしうる役割を考える」 
講師:清田 陽司 (一般社団法人情報科学技術協会(INFOSTA)会長)

11:20-12:30

デジタル時代のシティズンシップを支えるのは誰か?
講師:豊福 晋平 (国際大学グローバルコミュニケーションセンター准教授・主幹研究員)

14:00-15:30 

【セッション1】『現在を語る』~GIGAスクールと学校図書館~
・宮澤 優子
 (高森町立高森北小学校・高森町子ども読書支援センター司書)
・小林 みちる
 (鳥取県立鳥取西高等学校 司書主任)
・高橋  菜奈子
 (東京学芸大学附属図書館 学術情報課・情報基盤課 課長) 
・今井 福司
 (白百合女子大学 准教授)※オンライン登壇

15:40-17:20

【セッション2】『未来を語る』~教育をデザインする。探究学習の先にあるもの~
・織田澤 博樹
 (青翔開智中学校・高等学校 学校長)
・小野 永貴
 (筑波大学助教、軽井沢風越ラーニングセンター共同研究者)
・横山 順一
 (鳥取県教育委員会GIGAスクール推進課長)

記念撮影

19:00

懇親会(中止 ※10月14日追記)

都道府県立図書館サミット2022(会場:鳥取県立図書館)

2019年に県立長野図書館で開催された第2回から3年が経ちました。
今回は鳥取県立図書館を舞台に、第3回となる「都道府県立図書館サミット2022」を開催します。

「都道府県立図書館と基礎自治体」及び「これから(未来)の図書館 情報・空間・人」をテーマに据え、様々な立場・視点からの発表をもとにしながら議論を深め、各々が得た学びと気づきを地域に還元することを目的としています。

★11月27日(日)10:001730 ※詳細はこちら

 【Day1】プレセッション都道府県立図書館と基礎自治体」
 

10:00-10:50

開場、ブース・ポスター見学

チェックイン・アンカンファレンス(参加自由)
ファシリテーター: 小澤 多美子 (長野県教育委員会)

11:00-11:10

〇主催者開会挨拶
・岡本 真(実行委員長)
・飯川 昭弘(図書館総合展運営委員長)
・小林 隆志(共同実行委員長)

11:10-12:30

47都道府県「自慢」リレートーク
・話者: 当日参加者
・進行: 市村 晃一郎(群馬県立図書館) 

12:30-13:30

ランチ休憩 (※会場内での飲食は基本不可)

13:30-14:30

セッション#1 基調講演「都道府県立図書館論のこれまでとこれから」  
・話者: 田村 俊作(石川県立図書館長)

14:30-15:15

セッション#2 クロストーク
・話者: 田村 俊作、 小林 隆志
・進行: 丸山 直也(山梨県立図書館)

15:15-15:30

休憩

15:30-17:30

セッション#3「都道府県立図書館と基礎自治体:都道府県立図書館の役割」
・全体進行: 吉本 龍司 (株式会社カーリル代表取締役)

【話題提供】
1「課題提起:デジタル社会における図書館のポジショニング・サービスモデル」
・話者: 吉本 龍司

2「県立図書館は地域情報資源のプラットフォーマーになれるか -信州をケーススタディとして」
・話者: 森 いづみ(県立長野図書館長)

3「図書館の県域サービスを考える -ネットワークを軸とした鳥取県の取組」
・話者:岩崎 武史(鳥取県立図書館)

【フロアトーク】「都道府県立ミニマム&連携とオリジナリティと図書館リ・デザイン」
・ファシリテーター: 吉本 龍司

〇記念撮影

★11月28日(月)10:001700 ※詳細はこちら
 
 【Day
2】メインセッション「これから(未来)の図書館 情報・空間・人 」

10:00-11:30

○セッション#4 
「図書館事業経営のアライアンス(提携)-都道府県立図書館と基礎自治体そして多様なプレイヤー」
 ・全体進行: 高橋 真太郎(鳥取県境港市民図書館副館長) 
【話題提供】「図書館とまちとのにぎやかな関係」
 ・話者: 高橋 真太郎
【話題提供】「県市合築図書館の現状・課題・展望」
 ・話者: 山重 壮一(高知県立図書館 専門企画員)
【フロアトーク】「事業経営のアライアンス(提携)」
 ・ファシリテーター: 平賀 研也(前県立長野図書館長)

11:30-13:00

ランチ休憩 (※会場内での飲食は基本不可) フリー交流タイム

13:00-15:30

○セッション#5「図書館の可能性:空間そして情報・人の融合」
 ・全体進行: 岡本 真 (アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役)
【トークセッション】 「建築からみる図書館の"空間・場"
 ・話者:MARUarchitecture 共同主宰 森田 祥子
     畝森泰行建築設計事務所 畝森 泰行 
【フロアトーク】 
 「これからの都道府県立図書館のつくられ方を決めていくーそれぞれの立場から」
 ・ファシリテーター:岡本 真

15:30-15:45

休憩

15:45-16:55

○セッション#6 「社会的装置としての"図書館"を考え、行動し続けるために」
 
・全体進行:都道府県立図書館サミット2022プログラム検討チーム

○セッション#6−1 
【課題提起】「都道府県立図書館の「情報・空間・人」‐ポスターセッションをもとに」
・レビュアー:都道府県立図書館サミット2022ポスターセッションチーム

○セッション#6−2 
【ラップアップ】「"これまで"と"今"を評価し、"次"へつなぐ」
・話者:都道府県立図書館サミット2022プログラム検討チーム
・サポート:小林 隆志、岡本 真

16:55

○記念撮影

17:00

閉会

図書館見学

イベント前後に図書館見学を予定しています。希望される方は申込専用フォームより、ご希望の図書館、時間を選択してください(時間が重ならなければ、複数選択が可能です)。

境港市民図書館 11月25日(金)午前11時~、11月29日(火)午後3時~

南部町立法勝寺図書館 11月25日(金)午後2時~、11月29日(火)午後1時~

日吉津村図書館 11月25日(金)午後4時~、11月29日(火)午前11時~

北栄町図書館 11月25日(金)午後4時~、 11月29日(火)午前11時~

岩美町立図書館 11月25日(金)午前11時~、11月29日(火)午前11時~

青翔開智中学校・高等学校 11月28日(月)午前9時30分~午前11時、11月28日(月)午後2時~午後3時30分

申込方法(受付を終了しました)

 定員(定員になり次第終了)

 11月26日(土)午前・午後(各200名)、11月27日(日)・28日(月)午前・午後(各80名) 

主催

図書館総合展運営委員会、都道府県立図書館サミット2022実行委員会、鳥取県立図書館

後援

公益社団法人日本図書館協会、図書館友の会全国連絡会、鳥取県図書館協会、鳥取県学校図書館協議会、
鳥取県公共図書館協議会

問い合わせ先

鳥取県立図書館 
電話番号:0857-26-8155
ファクシミリ:0857-22-2996
電子メール:toshokan@pref.tottori.lg.jp