メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
拡大・縮小 行間の拡大 画像色の反転 戻る 停止 再生 次へ 音量 速さ 本文の声 画像読上げ 戻る ふりがな リセット
  • English
  • Chinese
  • Korea
  • русский

〒680-0017 鳥取県鳥取市尚徳町101
電話番号:0857-26-8155 ファックス番号:0857-22-2996

携帯サイト スマホサイト

◆4月1日から成年年齢が引き下げられます!◆

ホーム > お知らせ > 【国際】在大阪ロシア総領事が鳥取県立図書館を視察されました!

【国際】在大阪ロシア総領事が鳥取県立図書館を視察されました!

2021年10月20日(水)、テルスキフ・アレクサンダー在大阪ロシア総領事が、鳥取県知事を訪問されました。総領事は、かねてから、ロシアとの交流に積極的な鳥取県への訪問を希望してくださっていたとのことです。

訪問中、鳥取県立図書館も視察されました!

その時に開催していた「鳥取県が交流しているロシア沿海地方を紹介する展示」をご覧いただいたあと、ロシア語の原書を多数所蔵している国際交流ライブラリー・環日本海交流室もご案内しました。

在大阪ロシア総領事館のFacebookに、鳥取県訪問の様子が紹介されています

https://www.facebook.com/ruscons.osaka/posts/4862008807177252

→鳥取県立図書館の視察についても書いてくださっています。

視察の様子が分かる写真もたくさんアップされています。アップされていた計10枚の写真のうち、6枚が鳥取県立図書館の視察の写真です。

【在大阪ロシア総領事館のFacebookより(原文まま)】

Генеральное консульство РФ в Осаке  

10月25日 11:47

Генконсул А.Терских посетил префектуру Тоттори, которую связывают давние межрегиональные связи с российским Дальним Востоком, в частности с Приморским и Хабаровским краем.

На встрече с губернатором С.Хираи стороны отметили интенсивные контакты с Приморьем, несмотря на пандемию коронавируса, обсудили перспективы развития двусторонних отношений, в т.ч. в контексте юбилейных мероприятий, посвященных 30-летию подписания Меморандума о дружбе и сотрудничестве и 10-летию с момента заключения Соглашения о дружественных связях и сотрудничестве с Приморским краем. Отметили необходимость возобновления контактов с Хабаровским краем, с которым соглашение о сотрудничестве подписано в 2010 г.

В ходе визита также состоялась встреча с мэром Тоттори Ё.Фукадзавой, генконсул посетил выставку, посвященную двусторонним связям префектуры Тоттори и Приморского края, ознакомился с книжным фондом Префектуральной библиотеки Тоттори, в которой представлено значительное количество книг на русском языке, включая отдельный раздел детской литературы и уголок переводной русской литературы на японском языке.

В рамках визита посетили знаменитый музей песка префектуры Тоттори, часть работ в котором выполнена российскими скульпторами.

【翻訳】

テルスキフ・アレクサンダ在大阪ロシア総領事は、沿海地方とハバロフスク地方を中心にロシア極東地域と長年に渡って交流している鳥取県を訪問した。

平井知事との会談の時に、双方は、新型コロナパンデミックにもかかわらず、積極的に沿海地方と交流していることを強調し、記念すべきの沿海地方との覚書の30周年と協定の10周年も含め、日露交流の発展の見通しを巡って意見交換した。2010年に署名した友好流共同声明のハバロフスク地方との交流が再開すべきだと述べた。

訪問中、テルスキフ総領事は、鳥取市の深澤市長と会談し、更に鳥取県立図書館で開催している鳥取県と沿海地方との交流をテーマにしている展示会、児童書のコーナーと日本語で翻訳されたロシア文学のコーナーも含めて、ロシア語のかなりの数の本がある鳥取県立図書館交流ライブラリーを紹介してもらった。

また、訪問中に、ロシア彫刻家が制作した砂像のある鳥取砂の美術館も訪れた。

【視察の様子】

IMG_4852 採用.JPG IMG_4854 -採用.JPG

IMG_4864 採用.JPG IMG_4867.JPG

IMG_4873.JPG IMG_4879.JPG