宮尾登美子/著 -- 文藝春秋 -- 2011.3 -- 913.6

所蔵は 3 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 2階郷土 9/ 930/ミヤオ/郷土文学 119034174 郷土県人 利用可
鳥取県立 2階郷土 9/ 930/ミヤオ/郷土文学 119034166 郷土県人 利用可
鳥取県立 書庫 930/130/郷土H 119034133 郷土県人 禁帯出

資料詳細

タイトル 鬼龍院花子の生涯
書名ヨミ キリュウイン ハナコ ノ ショウガイ
シリーズ名 文春文庫
シリーズ巻次 み2-13
著者名 宮尾登美子 /著  
著者ヨミ ミヤオ,トミコ  
出版者 文藝春秋  
出版年 2011.3
ページ数等 327p
大きさ 16cm
版表示 新装版
ISBN 4-16-728713-7
ISBN13桁 978-4-16-728713-9
定価 571円
問合わせ番号(書誌番号) 1101762553
NDC8版 T930
NDC9版 913.6
内容紹介 大正四年、鬼龍院政五郎は故郷・土佐高知の町に男稼業の看板を掲げ、相撲や飛行機の興行をうったり労働争議に介入したりの華やかな活躍を見せる。鬼政をとりまく「男」を売る社会のしがらみ、そして娘花子・養女松恵を中心とした女たちの愛憎入り乱れた人生模様を、女流作家独自の艶冶の筆にのせた傑作長篇。