有賀 暢迪/著 -- 名古屋大学出版会 -- 2018.10 -- 423.02

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 一般 423/アリカ/一般 120709434 一般 利用可

資料詳細

タイトル 力学の誕生
書名ヨミ リキガク ノ タンジョウ
副書名 オイラーと「力」概念の革新
著者名 有賀 暢迪 /著  
著者ヨミ アリガ,ノブミチ  
出版者 名古屋大学出版会  
出版年 2018.10
ページ数等 263,83p
大きさ 22cm
一般件名 力学-歴史  
ISBN 4-8158-0920-8
ISBN13桁 978-4-8158-0920-1
定価 6300円
問合わせ番号(書誌番号) 1120220690
NDC8版 423.02
NDC9版 423.02
内容紹介 自然哲学から自然科学へ。18世紀のヨーロッパ大陸で、力学は生まれ直した。惑星の運動から球の衝突まで、汎用性をもつ新たな知が立ち上がる過程を丹念に追跡し、オイラーの果たした画期的役割を描き出す。
著者紹介 1982年 岐阜県に生まれる。2005年 京都大学総合人間学部卒業。2010年 京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。2013年 国立科学博物館理工学研究部研究院(現在に至る)。2017年 京都大学博士(文学)。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
序論 力の起源をたずねて
十八世紀力学史の歴史叙述
第1部 活力論争と「運動物体の力」の盛衰(十七世紀の自然哲学における「運動物体の力」;活力論争の始まり;活力論争の解消 ほか)
第2部 オイラーの「力学」構想(「動力学」の解析化;活力論争における衝突理論の諸相と革新;オイラーにおける「力学」の確立 ほか)
第3部 『解析力学』の起源(再定義される「動力学」と、その体系化;作用・効果・労力―最小原理による力学;ラグランジュの力学構想の展開 ほか)
結論 自然哲学から「力学」へ