武田 珂代子/〔著〕 -- みすず書房 -- 2017.7 -- 329.67

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 一般 329.6/タケタ/一般 120500444 一般 利用可

資料詳細

タイトル 東京裁判における通訳
書名ヨミ トウキョウ サイバン ニ オケル ツウヤク
著者名 武田 珂代子 /〔著〕  
著者ヨミ タケダ,カヨコ  
出版者 みすず書房  
出版年 2017.7
ページ数等 231,7p
大きさ 20cm
一般件名 国際軍事裁判-太平洋戦争(1941~1945) , 通訳  
ISBN 4-622-08634-4
ISBN13桁 978-4-622-08634-5
定価 4200円
問合わせ番号(書誌番号) 1120123887
NDC8版 329.67
NDC9版 329.67
内容紹介 東京裁判の通訳は、いったい誰がどのように通訳業務を遂行したか。日米両国で入手した資料やインタビューを基に、通訳体制の3層構造、通訳手順成立の過程、2世モニターの複雑な立場といった、東京裁判通訳における際立った特徴に焦点を当てて考察する。
著者紹介 熊本市生まれ.専門は翻訳通訳学.立教大学異文化コミュニケーション学部教授.MIISで翻訳通訳修士号,ロビラ・イ・ビルジリ大学(スペイン)で翻訳通訳・異文化間研究博士号を取得.訳書に『翻訳理論の探求』(A・ピム著,みすず書房)など.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
序章 なぜ東京裁判か
第1章 東京裁判の通訳体制
第2章 通訳者のプロフィール
第3章 東京裁判における通訳の特殊性
第4章 東條英機証言の通訳
第5章 東京裁判の通訳学
終章 東京裁判通訳の意義と今後の研究課題