飯森 明子/著 -- 彩流社 -- 2017.7 -- 063

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 一般 061/イイモ/一般 120197847 一般 利用可

資料詳細

タイトル 戦争を乗り越えた日米交流
書名ヨミ センソウ オ ノリコエタ ニチベイ コウリュウ
副書名 日米協会の役割と日米関係1917~1960
著者名 飯森 明子 /著  
著者ヨミ イイモリ,アキコ  
出版者 彩流社  
出版年 2017.7
ページ数等 193,29p
大きさ 22cm
内容細目 内容:初期日米協会の活動と金子堅太郎. 戦前昭和期日米交流の発展とジレンマ. 戦間期軍関係者の日米交流. 太平洋戦争前後の日米協会. 戦後日米交流と日米協会の新たな模索. 日米交流の分化と日米協会. 結
一般件名 日米協会 , 日本-外国関係-アメリカ合衆国-歴史-明治以後 , 国際文化交流  
ISBN 4-7791-2331-3
ISBN13桁 978-4-7791-2331-3
定価 3200円
問合わせ番号(書誌番号) 1120122134
NDC8版 061
NDC9版 063
内容紹介 日本でもっとも歴史のある民間日米交流団体、日米協会。戦前の国際交流から、戦後の日米関係が「安保体制」へと変化する直前までの活動を追いかけた画期的研究。日米協会で開催された主要講演などの年譜(1917~1960年)付き。
著者紹介 1957年生まれ。常磐大学非常勤講師。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒、常磐大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。日本外交史専攻。共著に、『関東大震災と日米外交』(草思社)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
第1章 初期日米協会の活動と金子堅太郎(一九一七‐一九二四年)
第2章 戦前昭和期日米交流の発展とジレンマ(一九二四‐一九三九年)
第3章 戦間期軍関係者の日米交流(一九一七‐一九四〇年)
第4章 太平洋戦争前後の日米協会―活動の連続性をさぐる(一九三九‐一九五〇年)
第5章 戦後日米交流と日米協会の新たな模索―小松隆会長の活躍(一九五一‐一九五五年)
第6章 日米交流の分化と日米協会―戦略化する交流(一九五五‐一九六〇年)