ポール・オースター/〔著〕 -- 新潮社 -- 2017.2 -- 930.278

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 一般 930.2/オスタ/一般 120316271 一般 利用可

資料詳細

タイトル 冬の日誌
書名ヨミ フユ ノ ニッシ
著者名 ポール・オースター /〔著〕, 柴田 元幸 /訳  
著者ヨミ オースター,ポール , シバタ,モトユキ  
出版者 新潮社  
出版年 2017.2
ページ数等 216p
大きさ 20cm
原書名 原タイトル:WINTER JOURNAL
ISBN 4-10-521718-6
ISBN13桁 978-4-10-521718-1
定価 1900円
問合わせ番号(書誌番号) 1120091730
NDC8版 930.28
NDC9版 930.278
内容紹介 幼いころの大けが。性の目覚め。パリでの貧乏暮らし。記憶に残る母の姿と、その突然の死。「人生の冬」にさしかかった著者が、若き日の自分への共感と同情、そしていくぶんの羨望をもって綴った、肉体と感覚をめぐるあたたかな回想録。
著者紹介 【ポール・オースター】1947年、ニュージャージー州ニューアーク生まれ。コロンビア大学で英文学と比較文学を専攻、大学院中退後にフランスに渡る。詩、評論、翻訳等を手がけたあと、1985年から1986年にかけての「ニューヨーク三部作」(『ガラスの街』『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』)で小説家として世界的に注目を集め、以後現代アメリカ文学を代表する作家として活躍を続ける。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 
著者紹介 【柴田元幸】1954年、東京生まれ。翻訳家、東京大学名誉教授。文芸誌「MONKEY」編集長。『生半可な學者』で講談社エッセイ賞、『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞受賞。現代アメリカ文学を中心に訳書多数。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)