和田 裕弘/著 -- 中央公論新社 -- 2017.2 -- 210.48

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 新書文庫 210.4/ワタ/一般S 120353043 一般 利用可 個人貸出

資料詳細

タイトル 織田信長の家臣団
書名ヨミ オダ ノブナガ ノ カシンダン
副書名 派閥と人間関係
シリーズ名 中公新書
副叢書名 2421
著者名 和田 裕弘 /著  
著者ヨミ ワダ,ヤスヒロ  
出版者 中央公論新社  
出版年 2017.2
ページ数等 318p
大きさ 18cm
一般件名 日本-歴史-安土桃山時代 , 家臣 , 門閥  
個人件名 織田 信長  
ISBN 4-12-102421-4
ISBN13桁 978-4-12-102421-3
定価 900円
問合わせ番号(書誌番号) 1120089585
NDC8版 210.48
NDC9版 210.48
内容紹介 1万を超える軍勢を率いた柴田勝家・羽柴秀吉・明智光秀らと配下の諸将の人間関係を、地縁・血縁などから詳細に検証。これまで知られなかった「派閥」の構造に迫り、各軍団の特性を明らかにする。
著者紹介 1962年(昭和37年),奈良県に生まれる.戦国史研究家.織豊期研究会会員.著書に『真説 本能寺の変』(共著,集英社)など.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
信長以前の尾張国
家督継承
尾張統一
美濃衆の家臣化
「天下人」へ向けて
方面軍編成に向けて
織田信忠軍
神戸信孝軍
柴田勝家軍
佐久間信盛軍
羽柴秀吉軍
滝川一益軍
明智光秀軍
本能寺の変後の諸臣
本能寺の変がもたらしたもの