エマニュエル・トッド/著 -- 文藝春秋 -- 2016.9 -- 319

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 新書文庫 319/トツト/一般S 120080588 一般 利用可

資料詳細

タイトル 問題は英国ではない、EUなのだ
書名ヨミ モンダイ ワ エイコク デワ ナイ イーユー ナノダ
副書名 21世紀の新・国家論
シリーズ名 文春新書
副叢書名 1093
著者名 エマニュエル・トッド /著, 堀 茂樹 /訳  
著者ヨミ トッド,エマニュエル , ホリ,シゲキ  
出版者 文藝春秋  
出版年 2016.9
ページ数等 254p
大きさ 18cm
一般件名 国際政治 , ナショナリズム , 国家  
ISBN 4-16-661093-7
ISBN13桁 978-4-16-661093-8
定価 830円
問合わせ番号(書誌番号) 1120055130
NDC8版 319
NDC9版 319
内容紹介 英国EU離脱とトランプ旋風は、英米という発祥地でのグローバリズムの終焉と「国家」への回帰を意味する。家族構造の変遷が明らかにする「国家」の重要性。未来は歴史から見えてくる。
著者紹介 【エマニュエル・トッド】1951年生まれ。フランスの歴史人口学者・家族人類学者。著書に『最後の転落』(76年)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 
著者紹介 【堀茂樹】1952年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部教授(フランス文学・思想)。翻訳家。アゴタ・クリストフの『悪童日記』をはじめ、フランス文学の名訳者として知られる。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
日本の読者へ―新たな歴史的転換をどう見るか?
1 なぜ英国はEU離脱を選んだのか?
2 「グローバリゼーション・ファティーグ」と英国の「目覚め」
3 トッドの歴史の方法―「予言」はいかにして可能なのか?
4 人口学から見た二〇三〇年の世界―安定化する米・露と不安定化する欧・中
5 中国の未来を「予言」する―幻想の大国を恐れるな
6 パリ同時多発テロについて―世界の敵はイスラム恐怖症だ
7 宗教的危機とヨーロッパの近代史―自己解説『シャルリとは誰か?』