セーレン・キェルケゴール/著 -- 講談社 -- 2016.4 -- 139.3

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 一般 139/キルケ/一般 119831539 一般 利用可

資料詳細

タイトル キェルケゴールの日記
書名ヨミ キェルケゴール ノ ニッキ
副書名 哲学と信仰のあいだ
著者名 セーレン・キェルケゴール /著, 鈴木祐丞 /編訳  
著者ヨミ キールケゴール,セーレーン・オービエ , スズキ,ユウスケ  
出版者 講談社  
出版年 2016.4
ページ数等 283p
大きさ 20cm
原書名 Soren Kierkegaards skrifter.∥の翻訳
ISBN 4-06-219519-4
ISBN13桁 978-4-06-219519-5
定価 1900円
問合わせ番号(書誌番号) 1120019770
NDC8版 139
NDC9版 139.3
内容紹介 人間にとって宗教とは何か。神を信じるとはどういうことか…。セーレン・キェルケゴールが残した厖大な日記を読み解き、新たなキェルケゴール像と、その今日的意義を問う。稀有な哲学者が綴った深甚なる告白。
著者紹介 【キェルケゴール】1813~55年。19世紀デンマークの哲学者。実存主義哲学の祖とも位置づけられる。『あれか、これか』『死にいたる病』など、哲学史上に残る名著で知られるが、生涯に厖大な著作と日記を書き残した。 
著者紹介 【鈴木】1978年生まれ。2009~11年コペンハーゲン大学セーレン・キェルケゴール研究センター研究員。13年筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻修了。専攻は、宗教哲学、キェルケゴール研究。現在、秋田県立大学助教。 

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
第1部 一八四八年の宗教的転機まで(一八三七年~一八四六年;一八四七年~一八四八年三月)
第2部 一八四八年の宗教的転機(宗教的転機の端緒;宗教的転機の展開;宗教的転機の帰結)
第3部 一八四八年の宗教的転機後(一八四八年の宗教的転機後~一八五三年;一八五四年~一八五五年)