三谷太一郎/著 -- 東京大学出版会 -- 2013.8 -- 309.021

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 書庫 309/ミタニ/一般H 119116286 一般 利用可

資料詳細

タイトル 大正デモクラシー論
書名ヨミ タイショウ デモクラシー ロン
副書名 吉野作造の時代
著者名 三谷太一郎 /著  
著者ヨミ ミタニ,タイチロウ  
出版者 東京大学出版会  
出版年 2013.8
ページ数等 394,13p
大きさ 22cm
版表示 第3版
内容細目 索引あり
一般件名 社会思想-日本-歴史-大正時代  
個人件名 吉野 作造  
ISBN 4-13-030157-8
ISBN13桁 978-4-13-030157-2
定価 5800円
問合わせ番号(書誌番号) 1101960248
NDC8版 309.021
NDC9版 309.021
内容紹介 大正デモクラシーとはいかなるものだったか。知識人に様々な角度から光をあて、現代日本のリベラル・デモクラシーの源流である大正デモクラシーの全体像を浮き彫りにする。吉野作造論2篇を追加した決定版。
著者紹介 1936年岡山市生まれ。60年東京大学法学部卒。現在、日本学士院会員、東京大学名誉教授。主要著書「二つの戦後」「増補日本政党政治の形成」「ウォール・ストリートと極東」「近代日本の戦争と政治」「学問は現実にいかに関わるか」「増補政治制度としての陪審制」。 

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
大正デモクラシーの意味
大学の独立と文芸の独立―『三四郎』の時代
大正デモクラシーとアメリカ
「大正デモクラシー」期の権力と知識人―『我等』の同時代権力像
思想家としての吉野作造
大正後半期の政治と吉野作造の「政論」
吉野作造の平和論
民本主義者としての大山郁夫
時代と長谷川如是閑
大正社会主義者の「政治」観―「政治の否定」から「政治的対抗」へ
社会変革としての普通選挙
吉野作造の晩年の国内政治論―政治と道徳との一致を求めて
日記に見る吉野作造の晩年の苦闘