松本忠久/著 -- 丸善プラネット -- 2011.10 -- 383.8

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 書庫 383.8/マツモ/一般H 118596009 一般 利用可

資料詳細

タイトル めんと和菓子の夜明け
書名ヨミ メン ト ワガシ ノ ヨアケ
副書名 索餅の謎を解く
著者名 松本忠久 /著  
著者ヨミ マツモト,タダヒサ  
出版者 丸善プラネット  
出版年 2011.10
ページ数等 272p
大きさ 20cm
内容細目 文献あり
一般件名 麺類 , 菓子  
ISBN 4-86345-095-8
ISBN13桁 978-4-86345-095-0
定価 1800円
問合わせ番号(書誌番号) 1101814760
NDC8版 383.8
NDC9版 383.81
内容紹介 日本料理は世界の文化遺産である。うどん、そうめんのルーツは奈良平安時代の「索餅」だといわれているが、どんな食べ物なのか、俗説、誤説が横行している。索餅とは、小麦粉に米粉を混ぜ、蒸してから細く切っためんであり、それを縒って揚げ、お菓子にもしたというのがこの本のテーマである。豊富な文献と実験によって証明する。
著者紹介 1936年東京都生まれ。60年東京大学文学部卒。60年TBS東京放送入社。96年同社退社。著書「ある郷土料理の1000年」「平安時代の醤油を味わう」「平安時代の納豆を味わう」。 

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
中国で生まれ、日本に伝わった索餅
日本で変化した索餅
索餅のつくりかた
索餅をどうやって蒸したか
古代人の小麦粉づくり
ポピュラーで楽しい食べものだった「めんの索餅」
八種唐菓子として尊重された「お菓子の索餅」
小麦粉めんの急速な発達と日本への伝来
小麦粉めんに圧倒された「めんの索餅」
しんこ餅に変化した「お菓子の索餅」
世界の文化遺産・日本料理を支えた二つの高橋家
江戸時代の「お菓子の索餅」とその図
索餅の「お菓子説」「変化説」「めん説」を精査する