木村邦博/著 -- 河出書房新社 -- 2006.8 -- 361

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 書庫 361/キムラ/一般H 116674742 一般 利用可

資料詳細

タイトル 日常生活のクリティカル・シンキング
書名ヨミ ニチジョウ セイカツ ノ クリティカル シンキング
副書名 社会学的アプローチ
著者名 木村邦博 /著  
著者ヨミ キムラ,クニヒロ  
出版者 河出書房新社  
出版年 2006.8
ページ数等 174p
大きさ 21cm
内容細目 文献あり 索引あり
原書名 並列タイトル:Critical thinking of everyday life
一般件名 社会学  
ISBN 4-309-24390-8
定価 1900円
問合わせ番号(書誌番号) 1101363091
NDC8版 361
NDC9版 361
内容紹介 スポーツのルールはなぜ変わる?血液型性格学はなぜはやる?当たり前のことを立ち止まって考えてみたら―?日常的に出会う人間や社会の「ふしぎ」なことを論理と証拠にもとづいて考える、社会学的思考法とは。
著者紹介 1988年東北大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程単位取得退学。東北大学大学院文学研究科助教授。専門は社会学・行動科学。主要著書として「考える社会学」「数理の発想でみる社会」「ジェンダー・市場・家族」「大集団のジレンマ-集合行為と集団規模の数理-」など。 

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
スポーツのルールはなぜ変わるのか―あるいはなぜ自国選手に不利に変わるように見えるのか
「血液型性格学」はなぜはやるのか―疑似科学を信じるメカニズム
統計的差別はありえないのか―3人の学生の会話
社会調査に関する断章
既発表文献の図表を使って「2次分析」をしよう―クロス集計表・相関行列などから多変量解析へ
マクロ・データから何がわかるか―生態学的虚偽の問題
社会学における合理的選択理論の意義