トマス・ダコスタ・カウフマン/著 -- 工作舎 -- 199503 --

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 書庫 702/カウフ/一般H 112490084 一般 利用可

資料詳細

タイトル 綺想の帝国
書名ヨミ キソウ ノ テイコク / ルドルフ ニセイ オ メグル ビジユツ ト カガク
副書名 ルドルフ二世をめぐる美術と科学
著者名 トマス・ダコスタ・カウフマン /著, 斉藤栄一 /訳  
著者ヨミ カウフマン,トマス D. , サイトウ,エイイチ  
出版者 工作舎  
出版年 199503
ページ数等 381p
大きさ 22㎝
内容細目 参考文献:p369~381
原書名 The mastery of nature.
一般件名 ルネサンス美術 科学-歴史  
ISBN 4-87502-248-4
問合わせ番号(書誌番号) 1100185448
NDC8版 70205
内容紹介 一六世紀プラハ―ルドルフ二世の宮廷に集った画家、彫刻家、詩人、天文学者、数学者、魔術師たち。彼らはその庇護者に奇怪で謎に満ちた多くの作品を捧げた。昆虫や異国の草花で飾られた祈祷書、禽獣と道具によって構成された肖像画、天球儀や地球儀とギリシア神像が同居する凱旋門。そこには、少数の者にのみ理解されうるシンボルとアレゴリーがちりばめられていた。これまでマニエリズムの名のもとに見過ごされてきたルネサンスの魔術的想像力の真意が、気鋭のワールブルク派美術史家の手によって、はじめて解き明かされる。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
第1章 自然の聖別―一五、一六世紀ネーデルラント写本装飾におけるだまし絵の起源
第2章 影の遠近法―投影理論の歴史
第3章 自然の模倣―デューラーからホフナーゲルへ
第4章 自然の変容―アルチンボルドの宮廷的寓意
第5章 ルドルフ二世の凱旋門―一五七七年のルドルフ二世ウィーン訪問時の天文学、技術、人文主義、美術―ファブリティウスの役割
第6章 プラハにおける「古代と近代」―アルチンボルドの素描と絹織物業
第7章 世界の掌握から自然の掌握へ―芸術室・政治・科学