重松伸司/著 -- 中央公論社 -- 199306 --

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
鳥取県立 書庫 225.6/シケマ/一般H 111870682 一般 利用可

資料詳細

タイトル マドラス物語
書名ヨミ マドラス モノガタリ / カイドウ ノ インド ブンカシ
副書名 海道のインド文化誌
シリーズ名 中公新書 1137
著者名 重松伸司 /著  
著者ヨミ シゲマツ,シンジ  
出版者 中央公論社  
出版年 199306
ページ数等 222p
大きさ 18㎝
一般件名 マドラス-歴史  
ISBN 4-12-101137-6
問合わせ番号(書誌番号) 1100108786
NDC8版 2256
内容紹介 十二使徒のひとり、聖トーマスに由来する地名サントメは世界各地にある。南インドのマドラス市にもある。サントメの名に欧米人は殉教の聖者を連想し、江戸中期の日本人は、粋な縦縞「さんとめ」を思う。十二使徒の名が、なぜ南インドの地名に変身し、近世日本の「粋文化」を飾る木綿縞に転じたのか。舞台を江戸日本と、近世初期の南インドに求め、英蘭両海洋帝国の盛衰のドラマに、マドラスの歴史文化を探り、「さんとめ」縞の日本伝播を見る。

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
第1部 江戸の天竺文化、「桟留」(江戸の意匠革命、「桟留」;オランダ交易と桟留;〈西方浄土〉から〈物産の地〉へ)
第2部 南インド港市・聖地、サントメ(中国は南インドをどのように見ていたか;西洋から見た南インド―聖トーマス原像;南インドの「聖トーマス」像―その伝承と史実;共存する神々の聖地、「孔雀都市」)
第3部 商館都市、マドラスの台頭(繁栄する国際港市、サントメ;東インド会社と南インド社会;英国東インド会社の「要塞商館」、マドラス;南インドの綿布産業)